歯医者のドリルが苦手な方・トラウマをお持ちの方へ

子供の頃に歯医者で痛みを伴う治療を受け、嫌なイメージやトラウマをお持ちの方がいらっしゃいます。苦手意識やトラウマが原因で、歯の痛みや口中の違和感を感じているにも関わらず治療を避け続けると、結果として歯の寿命を縮めてしまったり、むし歯が他の歯まで拡がってしまったりと悪いことばかりです。

当院では、患者さんの痛み・ストレスを出来る限り少なくする治療・アプローチを心がけ実践しています。詳しくは以下を御覧ください

ミニマル・インターベンション(MI治療)

三阪歯科医院では、出来る限り控えめな治療(ミニマル・インターベンション)を心がけむし歯治療をおこなっています。

ミニマル・インターベンションとは、最小限の侵襲を意味します。ミニマル・インターベンションは国際歯科連盟によって提唱された新しい概念で、出来るだけ削らない、出来るだけ歯を残すことを基本コンセプトとする治療方針です。

わかりやすく表現すると、歯をできるだけ削らない治療、削っても最小限にする治療と言えます。患者さんの大切な歯の寿命を最大限に伸ばす事を目的としています。

麻酔を用いた歯科治療について

「歯医者」「歯科医院」「むし歯」という言葉を聞くと”痛い”イメージを連想される方も少ないのではないでしょうか。

当院では上述のMI治療を行っており、歯をできるだけ削らない治療、削っても最小限にする治療をおこなっています。また一定程度以上削るケースや痛みを強く感じるケースにおいては適宜麻酔を用いた治療を行っています。歯科治療に強い苦手意識をお持ちの方は気軽に当院スタッフにご相談ください。

当院では麻酔をする際には表面麻酔(塗る麻酔)を行った後に局所麻酔(注射による麻酔)を行います。針は痛みの少ない細い針を使用しています。

むし歯・歯周病のレーザー治療に対応しています

・レーザーはむし歯を削る量を最小限に抑えることができます。

・レーザーそのものに鈍麻作用(痛みに対する感覚を鈍くする作用)があり、痛みを感じにくくします。

・歯肉の切開を行う場合の治りが早いという特徴があります。

・むし歯治療の場合、歯を削る量を最小限にできる=ドリルの使用を少なくできるというメリットがあります。

レーザー照射による
むし歯と歯周病治療

オンライン診療予約

三阪歯科医院のオンライン診療予約

三阪歯科医院では、患者さんの様々なライフスタイルに対応する為、オンライン診療予約に対応しています。

オンライン診療予約は24時間受付していますので病院に直接お電話する時間の取れない方でも、ご予約が取りやすくなっています。また、ご都合が合わなくなった場合の予約のキャンセルも行えるようになりました。

オンライン診療予約は、パソコン・スマートフォンアプリなどに対応しています。iPhone・Androidスマートフォンをご利用の方は是非簡単便利なアプリをご使用ください。

三阪歯科医院 オンライン診療予約ページ

親知らずの治療について

親知らずとは第三大臼歯のことであり、20歳以降に生えてくることから親知らずと呼ばれています。現代人は顎のスペースが狭い傾向にあり、親知らずが綺麗に噛み合う状態で生えてくる人は稀です。また、生えてなくとも歯肉や顎骨の中に埋まっていることもあります。親知らずが痛むのは次のような原因が考えられます。

  1. 親知らずの歯磨きが綺麗にできず、細菌によって周りの歯茎に炎症を起している。
  2. 親知らずが歯茎に噛み込んで痛む
  3. 親知らずや親知らずと手前の歯の間がむし歯になっている。

親知らずは一番奥であることや、真っ直ぐ生えていないこと、歯茎や顎骨に埋まっていることから、清掃が困難なことが多く、親知らずの痛みで来院された方をみると、1が原因であることが多いようです。

1.の場合
親知らずや周囲の消毒、清掃を行い、消炎をします。状況に応じお薬を出します。
頻繁に痛みを繰り返す場合や、親知らずが綺麗に生えておらず日頃のケアが困難な場合は抜歯をお勧めします。

2.の場合
抜歯をお勧めします。

3. 親知らずが綺麗に生えている、噛み合っている場合
通常のむし歯治療を行います。親知らずが横を向いてる場合や、噛み合っていない場合は抜歯をお勧めします。

親知らずを残すメリット

・奥歯を失ったときの支えとして使用できる
親知らずの手前の奥歯を何らかの原因で失った場合、親知らずを支えにして差し歯(ブリッジ)を入れることができます。また、矯正治療で親知らずを失った歯の位置に移動させることや、外科治療で失った部分に移植するなどの処置をとることができます。

・今後の再生治療に利用できる可能性がある
歯の神経の中には歯髄幹細胞という万能細胞があります。将来的に不必要な親知らずの歯髄幹細胞を利用し、再生治療に使用できることがあるかもしれません。

親知らずを残すデメリット

親知らずは横を向いて生えていたり、半分歯肉に埋まっていたりと清掃が困難なことが多いです。そのため、周囲の歯肉に炎症を起こしたり、手前の奥歯(第2大臼歯)や親知らずにむし歯を起こしたりする原因になります。

ネット予約
お問い合わせ
Pocket