メタルフリー(金属を使用しない)歯科治療を検討してみませんか?

歯科医院で治療を受けた経験のある皆様はご自分のお口の中のどこに金属が使用されているかご存じでしょうか。歯科治療では様々な場面で金属が使われています。しかし最近では、金属アレルギーを始めと した問題点が注目され始めたことや技術の進歩により、以前は金属を使用していた治療でも使用せずに行えるようになってきました。

歯科で金属が使用される治療

歯科で金属が使用される治療 白いセラミックでも金属で裏打ちをしている場合も
  • 1.むし歯の治療
    比較的大きいむし歯の治療では、歯の型を採り金属の詰め物や被せものを入れます。白いセラミックの被せものでも強度を持たせるため裏に金属を使用する場合もあります。
  • 2.歯の神経の治療
    歯の神経を取る治療をした後に金属で土台を作ることがあります。三阪歯科では金属を使わずグラスファイバーとハイブリッド樹脂で作ることがほとんどです。
  • 3.歯を失ったとき連結した被せものや、義歯、インプラントには金属が使われます。

歯科用金属の利点と問題点

金属の問題点

  • 1.審美(見た目)
    金属は歯とは全く異なる色をしているためお口の中で目立ちます。
  • 2.金属アレルギー
    金属イオンが溶出することでアレルギーを引き起こすことがあります。アレルギーはその人もつ許容量を超えたときに発症すると考えられ、過去にアレルギーがないからといって今後も発症しないとは限りません。はっきりとした症状が出ないこともありますし、お口の中以外に症状がでることもあります。
  • 3.ガルバニー電流
    異なる種類の金属同士が接触することで微小な電流が発生します。電池を舐めたような味を感じたり、痛みを感じたりすることがあります。
    メタルフリー治療といえば以前は保険適応外がほとんどでしたが、最近は保険適応で出来る治療も増えています。

金属の利点

  • 1.衝撃に対する強さ
    金属は適度な柔軟性があり衝撃に対して、セラミック等の材料よりも強さを発揮します。
  • 2.加工のしやすさ
    金属は加工しやすいため、複雑な形や薄く加工できます。
  • 3.金属の被せ物を作る場合、セラミック等に比べ薄くできるため、歯を削る量を少なくできます

保険でできる治療

金属の詰め物をコンポジットレジンに変えた例
  • 1.コンポジットレジン
    セラミックと樹脂の複合材料です。以前は金属を使用していた大きなむし歯でもコンポジットレジンで行えることが多くなりました。上図は金属の詰め物をコンポジットレジンに変えたものです。現在はこの程度の大きさであれば金属を使用せずに治療を行うことができます。歯っぴー通信第53号に特集しています。
  • 2.CAD/CAM冠
    り自然で歯に近い色を必要とする場合にはジルコニアという素材を使用
    強化樹脂のブロックを機械で削り出して作る被せものです。以前は小臼歯・大臼歯(条件あり)のみの適 応でしたが、9月から前歯にも適応されるようになりました。

保険でできない治療

歯を失い被せものをつなげる必要やかみ合わせが強く強度を必要とする場合、より自然で歯に近い色を必要とする場合はジルコニアという素材を使用します。三阪歯科医院では金属の問題点を重く考えメタルフリー治療を推奨しています。記事を参考にご検討ください。

Pocket

このページを読んだ人は、こちらのページも読んでいます。

ネット予約
お問い合わせ