知覚過敏症について

歯みがき剤のテレビコマーシャルなどで「知覚過敏」という単語を聞いた事はありませんか?

知覚過敏症には飲み物がしみるというイメージがあるかもしれません。単にしみるだけと軽く思われがちですが、むし歯の初期症状と似ているため油断大敵です。また、歯周病の進行が原因で知覚過敏の症状がでている可能性もあります。

知覚過敏症には下記の症状や原因があります。症状や原因を確認し、心当たりの症状がないかセルフチェックしてみましょう。

知覚過敏の症状

  • 冷たいものや熱いものがしみる
  • 歯ブラシが当たると痛む
  • 甘いもので染みる

むし歯がないにもかかわらず、これらの症状がある場合は知覚過敏症の可能性があります。これらの症状が持続せずに瞬間的に生じることが知覚過敏症の特徴です。

知覚過敏の原因

知覚過敏症の原因は象牙質が露出し様々な刺激で痛みを感じること

知覚過敏症の原因は象牙質が露出することです。エナメル質と異なり、象牙質には歯の神経に通じる細い管(象牙細管)が走っています。そのため象牙質が露出すると様々な刺激で痛みを感じることがあります。

象牙質の露出は、過剰な力によるブラッシングや歯周病によって歯肉が下がることでおこります。

通常、露出した象牙細管は、唾液中のミネラルの再石灰化により閉鎖され神経への刺激は遮断されます。そのため、象牙質が露出したからといって必ずしも痛みを感じるとは限りません。しかし、酸性食品・飲料の常食・常飲や研磨剤を多く含んだ歯磨剤の使用などがあると再石灰化が阻害され知覚過敏症が生じやすくなります。

むし歯によっても知覚過敏症と同様の染みるような痛みを感じることがあります。一般の方がむし歯と知覚過敏症を見分けるのは難しいといわれています。どちらかわからなくとも歯科医院で一度診断をお受けください。

むし歯にはむし歯治療、知覚過敏症には知覚過敏症の治療を行います。どちらも治療と普段のケアの改善が必要ですので、先ず診察を受けることをお勧めします。

知覚過敏症の治療

知覚過敏の症状はむし歯の初期症状と似ています。また、歯のすり減りや亀裂でも同様の症状がでることがあります。まずは、しみている原因がなにによるものかを特定します。明らかな原因が見られない場合に知覚過敏症と診断し、次にあげる治療を行います。

症状が軽度であれば、適切なブラッシングの説明や知覚過敏を抑制する成分を含んだ歯磨剤や研磨剤を含まない歯磨剤の使用をお勧めします。お口の中が酸性に偏るような食生活があれば改善していただきます。

当院では知覚過敏を抑制する成分を含んだものとしてシュミテクトやクリンプロ、研磨剤を含まないものとしてオーラループ4+をお勧めしています。現在、知覚過敏症がない方も歯肉が下がるなど象牙質が見えている方はこれらの歯磨剤の使用することで知覚過敏症の予防になります。

オーラループ4プラス

症状が強い場合は知覚過敏を抑制する薬剤を象牙質に塗布します。さらに症状の改善がない場合はレーザーを照射し神経の鈍麻を行います。

象牙質が削れている場合は、コンポジットレジン修復を行います。

上記の治療を繰り返しおこなったにもかかわらず、知覚過敏症が改善せず、お痛みが日常生活に支障をきたす場合は止むを得ず歯の神経をとることもあります。

治療後の注意点・知覚過敏症の予防について

phの図

むし歯や歯周病の予防には、丁寧なブラッシングが大切です。しかし力を入れすぎたブラッシングや長時間の誤った磨き方が知覚過敏の原因となるケースがあります。

三阪歯科医院では歯科衛生士が患者さんのブラッシング指導をおこなっています。プロのアドバイスを元にブラッシングをより上手におこなっていただく事で知覚過敏症やむし歯・歯周病の予防に繋がります。

また、炭酸飲料、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の果物などの酸っぱい飲み物・食べ物は酸性のため歯を溶かしやすいので、日頃の食生活の見直しや改善が必要となります。

歯の象牙質の溶け始めるpHはかなり高く(pH6.0)、ほとんどの食品で溶け始めます。食物の摂取後は水でうがいをしましょう。また食後30分ほどはお口の中が酸性になっています。歯肉が下がり象牙質の露出のある方、知覚過敏症の症状が強い方は食後直ぐの歯磨きは避け30分以上たってから磨きましょう。

ネット予約
お問い合わせ