福岡県中間市太賀1-2-3 太賀ショッピングモール2F

093-244-0315

平日/[午前]9時〜13時  [午後]14時〜18時

第18回寺子屋歯っぴー塾 開催結果案内

第18回寺子屋歯っぴー塾 開催結果案内

10月14日(土)中間市生涯学習センターにて第18回寺子屋歯っぴー塾が行われました。20名の方に参加していただきました。

今回は三阪歯科医院がかかりつけ歯科医院として日常一般歯科医療以外にこれから力を入れていく2つのことについての話をしました。

1時間目は院長より訪問歯科診療の話でした。2017年現在、福岡県北部地区は軒並み高齢化率(65歳以上が占める人口割合)が30%を超え特に中間市は35.8%と超高齢社会となっています。当院も開業以来

35年をこえ、来院される方の高齢化が目立ちます。

口腔の状態をできるだけ良い状態を保つことが全身の問題に関わることが明らかになっています。当院も口腔のメインテナンスで多くの方に利用していただいています。訪問歯科治療はまだ始めたばかりでこちらも勉強することも多いですが、高齢や介護状態で通院が難しくなった方たちにも可能な限り対応したいと思っています。具体的な方法はパンフレットを作製しましたので参考にして頂きたいと思います。

2時間目は小原先生より「歯並びも顔もよい子に育てる」というテーマで講話がありました。その中で、歯並びは生まれついてのものでなく、成長過程での食生活や姿勢など日常の生活習慣によって形作られることや、歯並びの悪さの裏に潜む顎の発達不足と呼吸の問題の説明がありました。新しい概念ですが、皆様には理解していただけたと思います。

現代の社会環境においては顎の成長発育が不足している子どもが多くいます。会場の中にも、子どものいびきや、お口ぽかん、姿勢の悪さなど発達不足の特徴について思い当たる方も来られていました。多くの人にこれらの問題を理解していただき、身の周りにいる子どもの日々の生活の様子を観察し、できるだけ早期のうち(お母さんのお腹の中にいる時から)対応していただきたいです。

今日は人生の序章と最終章に近い話となりましたがお口の健康は人生を通してとても大切な問題です。当院も皆様のこれらの問題に対してしっかり努力したいと思います。

さて第19回寺子屋歯っぴー塾は12月16日(土)は古代真琴さんが来られます。顔面体操と腹式呼吸と大きな声で歌い、リフレッシュし10歳若返りましょう。色々と楽しいお話も満載です。皆様のご参加お待ちしています。

第18回寺子屋歯っぴー塾 開催結果案内

参加者の声

院長の話)

  • 祖父が足が悪く通院が難しいようですが、今日訪問診療の話を聞く機会があり、体の健康のためにもすすめてみようと思いました。
  • 夫婦ともに70代後半ですので、いずれその時はよろしくお願いします。とてもこころ強いです。
  • とても納得のいくお話でした。訪問診療は大変助かると思います。
  • 話を聞いてまだまだだと思っていましたが、少し身近に感じました。今しっかりケアをしないといけませんね。親のことを考え教えたいと思いました。
  • 通院できなくなった時のことを思っていましたので安心しました。

小原先生の話)

  • 歯並びは見た目や、虫歯の問題だけだと思いましたが、顎が成長していないことにより、様々な問題に関係してくることを知りとても勉強になりました。
  • 遠くにいる5歳と、10歳のためお話を聞いてよかったです。あいうべ体操を教えてあげたいと思いました。食事と運動の大切さがわかりました。気をつけてピンコロを目指します
  • 図など具体的で話も分かりやすかったです。顎の発達に必要なトレーニングや矯正の話もよくわかりました。
  • 子供のために誠実に考えて子育てしていきたいと思う。
  • 歯並びは遺伝的なものと思っていましたが、食生活など顎をしっかり使わなかったことも原因だとしっかり理解できましたし、心当たりもあります。しっかり口の機能を使うということは1時間目の高齢者のことと共にに必要なことですね。

さて次回第19回寺子屋歯っぴー塾は古代真琴さんのトーク& ライブショーです。平成29年12月16日(土)です。顔面体操、腹式呼吸、笑いでリフレッシュしましょう! お友達もお誘いのうえ皆様のご参加を心よりお待ちしております。

次回、第19回寺子屋歯っぴー塾は平成29年12月16日(土)14:30~です。皆様のご参加を心よりお待ちしております。