福岡県中間市太賀1-2-3 太賀ショッピングモール2F

093-244-0315

平日/[午前]9時〜13時  [午後]14時〜18時

歯周病になりやすい人となりにくい人~ 細菌検査のすすめ~【歯っぴー通信第51号Web版】

歯周病になりやすい人となりにくい人 細菌検査のすすめ

《歯周病は感染症》

歯周病は日本の成人の80%が罹患している病気です。お口の中の細菌が原因で起こる感染症であり、世界で最も患者の多い感染症としてギネスブックにも認定されています。

《どうして歯周病になるのか》

皆さんのお口の中には数多くの細菌が生息しています。細菌には酸素が好きな菌(好気性菌)、酸素が嫌いな菌(嫌気性菌)がいます。これらの細菌は時間の経過とともに歯の表面に付着しプラークと呼ばれる細菌の塊(バイオフィルム)を形成します。初期のバイオフィルムは毒性の弱い好気性菌で構成されますが、時間の経過とともに毒性の強い嫌気性菌の数が増えていきます。嫌気性菌は歯周病の原因菌とされ、歯肉に炎症を起こし、酷くなると歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かし始めます。歯肉の炎症や歯槽骨が溶けると歯周ポケットが深くなり、酸素の少ない歯周ポケットの中ではさらに嫌気性菌が増殖し、歯周病を悪化させます。

バイオフィルム形成の模式図 時間と共にバイオフィルムの毒性は強くなる

《歯周病の治療》

初期の歯周病であれば歯磨きによってバイオフィルムを取り除くことで改善します。しかし歯周ポケットが深くなると歯磨きだけでは歯周ポケット内のバイオフィルムを除去する事ができないため、歯科医院で歯周ポケット内のバイオフィルムを除去する必要があります。

《メインテナンスの必要性》

歯周病は治っても定期的に歯科医院にてチェックをする必要があります。なぜなら歯周病の原因となる菌は常在菌であり、口の中から完全になくなることはないからです。歯周病が治ってもバイオフィルムが付着し嫌気性菌が増殖すれば、また歯周病になってしまいます。定期的に歯周病になっていないかチェックし、深い歯周ポケットが残ってしまった場合は機械で定期的にバイオフィルムを取り除く必要があります。定期的に歯科医院にて歯周病の悪化がないかチェックをし、バイオフィルムを除去することをメインテナンスと言います。歯周病の再発予防にはメインテナンスが必須と考えられています。

《歯周病が重症化する人としない人》

歯周病の原因はバイオフィルムと書きましたが、実はそれだけでは説明できない事があります。それは歯周病が重症化する人としない人の差です。不思議なことに同じバイオフィルムの量であっても歯周病が急速に進行する人と緩やかに進行する人がいます。なぜでしょうか。2つのパターンがあります。

1つは遺伝で、歯周病菌に対する抵抗力の差がある場合です。歯周病菌に対する抵抗力の低い人は同じ細菌の量でも、抵抗力の高い人に比べて歯周病が重症化します。このタイプは若い(20代)頃から発症し家族も同様の傾向にあることが多いです。

もう1つがバイオフィルムの質の問題です。通常お口の中の細菌は善玉菌、歯周病や虫歯の原因となる悪玉菌、そのどちらでもない日和見菌がバランスを取っています。バランスが悪く悪玉菌の多い人のバイオフィルムは毒性が高く、バランスの取れている人よりも歯周病が重症化します。

《バイオフィルムの質を知る》

ご自身の細菌の質を知る方法に歯周病の細菌検査があります。現在歯周病にもっとも影響する悪玉菌として、Porhyromonas gingivalis,Tannerella forsythia,Treponema denticola の3菌種がいます。これらは重度の歯周病患者から高頻度で検出されレッドコンプレックスとよばれます。これらの菌がいると歯周病が重症化すると考えられています。細菌検査は歯周ポケット内のバイオフィルムを採取し専門の検査機関に送って行います。バイオフィルムの採取は5分程度で痛みを伴うこともありません。細菌検査は通常、治療の前後で行い、治療の効果を確認します。

《細菌検査の意義》

現行の歯周病の検査は、X線写真による歯槽骨の破壊や、歯周ポケットの深さを器具で測定し、その深さや測定時の出血の有無によって歯周病の重症度を診断しています。この検査自体は大切なものですが、あくまで歯周病に罹患した結果、体に起こった異常を調べているもので、直接の原因である細菌を調べることはできません。

今年度もインフルエンザが流行しました。残念ながらインフルエンザに罹った方もいるのではないでしょうか。その際に、単に通常の風邪よりも高熱が出ているからインフルエンザだと診断された人はいないと思います。内科では原因であるウィルスの検査を行い、陽性がでて初めてインフルエンザだと診断されているはずです。現行の歯周病検査は熱だけを測りウィルス検査をしていない状況と同じです。細菌検査を行う事で初めて歯周病に関連する菌がどれくらい存在するのかを知る事ができ、自身のバイオフィルムの質を知る事ができます。通常の器械的なバイオフィルムの除去に加え抗菌剤使用の必要性を判断し、より有効な治療が行えます。欠点は保険適用でないことで当院では1回の検査に10.000円(税別)の費用がかかります。

歯周病 細菌検査の例

歯周病に関連する細菌の数と割合を知ることができる興味のある方はお気軽にご相談ください
(小原成将)

三つ子の魂百まで

前号で孫のことを書きましたが早いもので、来月1歳になります。上下の前歯4本が生えてきました。3歳までには定着する生活習慣を見守り、顎顔面の成長を促していきたいと思います。子どもたちに良い環境を用意することが家庭や社会の責任だと思います。

現代社会は便利にはなりましたが、離乳期から食べるものが軟食になり、表情筋や舌筋を使うことが減りそれらの筋の委縮や、咬合圧の不足から上下顎骨の劣成長が重なり歯列不正、呼吸不全が生じている子が多くみられます。

また体を動かす機会も減り運動器の退化(ロコモティブシンドローム)にもつながっています。その付けが最終的に超高齢時代の社会問題となっていきます。

今回、八幡東区で葉子クリニックを開業されている内山先生に下記のコラムを書いて頂きました。

先生は自然治癒力を最大限発揮できるような環境を整えるお手伝いをする方針で治療をされています。

私も共感する所が大いにあります。先生の著書を待合室の図書欄に置いています。是非お読みください。

さて先週、熊本県天草市の生田歯科医院に見学に行きました。

目的は院内感染予防対策と訪問診療における口腔ケアと摂食嚥下トレーニングでした。

院内感染予防は当院でも力を入れているところですが、徹底され見習うところが多くありました。いま一度見直したいと思います。

訪問診療は実際に施設に行き現場での手技を見せていただきました。特に重度の方々でしたが、声掛けをしながら顔面、頭頸部のストレッチから始まり、口腔内のマッサージやケアをしていくうちに、硬直していた表情が、見る見る柔和になり、赤みが差し本当に気持ちよさそうでした。

この施設では口腔ケアを始めてから、誤嚥性肺炎で入院される方がほとんどいなくなったということです。施設、利用者様にとって大変助かっているとのことでした。

色んな意味で口は命の入り口であり、病の入り口であることを痛感しました。

当院においても皆様の生涯を通じての健康つくりのお手伝いをすることが使命だと考えています。

4月からの新年度もよろしくお願いいたします。(院長)

病気を予防する医師からみた頼れる歯医者さん 八幡東区内山葉子

おなかのカビが病気の原因だった 内山葉子

私は、八幡東区で内科で開業をしております内山葉子と申します。

私のクリニックは、病気の予防を大事にしております。また、薬をなるべく使わずに、自分の治癒力を高めるようにお話をさせてもらっています。

いろんな治療を受けても、なかなか良くならない慢性疾患や、どこに行っても原因がわからない症状に苦しめられている方をしっかりと原因を突き止めて、治るお手伝いを心がけています。

そんな中で、とても大事なのが歯科治療です。頭痛、めまい、鼻づまり、肩こり、気分がめいる、手や足の湿疹、慢性疲労や慢性関節リウマチなどや腎臓疾患、糖尿病まで、実は歯科治療と関連していることがあります。虫歯はもちろんのこと、歯槽膿漏など歯肉の炎症、銀歯などの口腔内異物(アマルガムやガルバニー電流、レジンや接着剤などの化学物質や金属アレルギー)、歯並びや口呼吸などなど。

これらが全身の症状や疾患にかかわっているのです。歯肉炎の治療で薬や食事を変えていなくても糖尿病の数値が改善する方も見られます。虫歯の解消で頭痛や肩こりが改善する方もいらっしゃいます。

「いい歯医者さん」をずっと探していましたが、近隣に見つけることができませんでした。今年で開業10年になります。ようやく昨年、三阪歯科さんと出会うことができました。丁寧に歯肉・歯のチェック、ケア、指導をしていだけます。

歯医者さんを虫歯ができたから行くところだと考えるのは少し間違いかもしれません。もちろん緊急時はそれでいいでしょう。本来は、虫歯にならないようにする。また将来、歯を失わないようにケアをする。口腔内の異常を早めに見つけてもらう。メンテナンスをして快適に過ごすようにしていくことが、歯医者さんの大事な役目だと私は考えます。

そして、患者さんの中で勉強されている方が金属の歯がよくないのですぐに取り除こうとしますが、それよりもまず、歯肉のケアをして、簡単に粘膜から金属成分が体内に入らなくすることが大切です。安易にインプラントをしないことも大事です。

歯、それを支える歯肉はとても大切なのです。今信頼できる歯科さんに出会えたことに本当に感謝しております。