FAQ よくあるご質問

むし歯・歯の痛みについて

むし歯とはなんですか?

回答口の中のバイ菌が“食べかす”や“糖分”から歯垢(プラーク)を作って歯を溶かしていく病気です。

口の中のバイ菌(ストレプトコッカス・ミュータンスという細菌)が“食べかす”や“糖分”から歯垢(プラーク)を作って歯を溶かしていく病気です。

むし歯の進行は4段階にわけられます。

  • C1→歯の表面(エナメル質)だけがむし歯になっている初期段階です。歯の表面がざらついたり、シミや小さな黒い点ができますが、痛みはなく自覚症状はないです。
  • C2→歯のエナメル質をやぶりその下の象牙質まで進んだむし歯です。象牙質はエナメル質と比べると柔らかいのでむし歯は急速に広がり、冷たい水や甘いものでしみるようになります。また食べ物を噛んだ時などに痛みを感じることもあります。
  • C3→歯の神経(歯髄)まで進んだむし歯です。穴が深く、大きくなるためいつも痛みを感じます。更に神経まで達すると激しいしみや痛みを感じ、神経の治療(神経を取る)が必要になります。
  • C4→歯の根の中までむし歯が広がりもっとも進行した状態です。歯の根(歯根)の部分だけが残って歯髄は腐敗しています。このためあごの骨までやられると痛みが出たり腫れたりします。

知覚過敏の治療とは?

回答セメント質の部分を薬でコーティングしたり、歯根の露出している面をコーティングして保護します。

歯磨きのときに、強く磨きすぎたりした場合、歯の一番外側にある「エナメル質」がすり減ったりし、エナメル質の内側にある「象牙質(ぞうげしつ)」が露出します。その露出した部分から、冷たいものや熱いもの、甘いものの刺激が歯の神経に伝わり、しみるような痛みがおこることをいいます。

セメント質の部分を薬でコーティングしたり、歯根の露出している面をコーティングして保護する。セメント質の部分に、歯の質を強化するため、特殊なレーザー・電流を当てるなどの治療があります。

歯がないとどうなるの?

回答残りの歯に負担をかけたりお口全体の健康や表情、全身の健康をそこないます。

歯を抜けたままにしておくと、見た目が悪いことや食べにくくなるといった直接的な影響もありますが、もっと悪いのは残りの歯に負担をかけたり、周りの歯が傾いたり、噛み合わせが徐々に狂い始め、お口全体の健康や表情、全身の健康をそこないます。

歯がないところを入れたいのですがどんな方法がありますか。

回答歯がないところを補うためには、インプラント、ブリッジ、入れ歯という方法があります。

インプラントは、顎の骨に人工歯根となる金属を埋め込み、その金属を土台にして人工の歯を取り付ける治療です。自分の歯が蘇ったような見た目と噛みやすさが特徴です。しかし、当院にあるCT撮影をし骨の強度や神経の位置などに問題がないと診断された患者様のみインプラントを入れることが可能です。

また、骨とインプラントがしっかりつくまでに3〜6ヶ月ほどかかり、自費治療なので費用も1本30万円となります。入れ歯のように取り外す必要はありません。

ブリッジは、隣の歯を削って型を取り専門の技工士さんが作成します。接着セットします。入れ歯のように取り外す必要はありません。

入れ歯は、一部歯が失われた場合に作るのが局部床義歯(部分入れ歯)、全部失われた場合に作るのが総義歯(総入れ歯)と、大まかに分類できます。隣り合う歯を切削する必要が全くありません。

また、取り外しが可能なため、 清掃も自分で簡単に出来ます。

むし歯になりやすい体質の様です。歯医者さんでもその様に言われます。同じ食習慣・歯磨きをしていてもむし歯になる・ならないということに疑問を感じます。どのような差があるのでしょうか。

回答むし歯は多因子性の疾患です。因子として、歯質の性状、細菌(口腔内常在菌)の種類、食べ物、唾液の性状、バイオフィルムコントロールレベルの差などがあげられると思います。リスクコントロールをいかにするかが問題ですね。この中では食の問題が重要だと思います。

参考「食生活と身体の退化―先住民の伝統食と近代食その身体への驚くべき影響」 ウェストン・A. プライス(著)

むし歯治療の治療を受けに行っても少しだけ治療してまた後日治療を何度も繰り返す事に疑問を感じます。ごくごく短時間の治療を繰り返す歯医者さんに不信感を感じることもあります。これにはなにか理由があるのでしょうか。

回答同じ部位での治療であれば、医療者側の説明不足です。しっかり説明と予定を聞くべきです。 歯の神経の治療であれば感染源の除去に時間がかかる事があります。

歯周病の治療であれば保険上の制約(治療部位、治療間隔、治療経過など)があり重度になれば長くなります。

自費負担が増えても構わないので、出来れば1回、無理ならば数回の治療でむし歯治療を終わらせたいと思っています。そのような治療はあるのでしょうか。

回答むし歯治療で神経の治療でなければ即日処置が基本です。

歯周病について

歯周病ってどんな病気?

回答30代の約8割が感染していると言われている体内に悪影響をおよぼす進行性の病気です。

歯周病菌という細菌が、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケットといいます)に感染し炎症をおこす歯ぐきの病気です。

歯周病がすすむとどうなるのですか?

回答治療を長年放置し続けるとあごの骨まで溶けてしまう病気です。

歯ぐきの炎症が進むと、やがてあごの骨も溶かしてしまいます。初期の段階では自覚症状はほとんどなく、気がついたときには歯がぐらぐらし、抜歯せざるをえない状況になっていることも少なくありません。

周囲の勧めにより歯周病の診察を受けてみようと思います。仕事柄定期的に歯医者さんに通うことが難しいのですが、そういった人にも適切なプランを提示してもらえるのでしょうか。

回答歯周病の程度がわからないのでコメントしづらいのですが、先ずは検査を受けてみましょう。

歯周病の進行度により、プランは変わってきます。状況に応じた適切なプランの提示は十分できます。リスクコントロールがすべてなので診療所の治療だけでなくセルフコントロールでも効果は出ますよ。

歯周病は全身の多くの病気の原因になるということをよく耳にします。調べてみると脳梗塞や心筋梗塞、糖尿病など多くの記述がありますが、歯医者さんの立場・見識から一番リスクが高いのはどの病気なのでしょうか。

回答歯周病は糖尿病の第8番目の合併症です。エビデンスレベルも高いです。その他の病気に対しても原因になることが知られています。

日本病巣疾患研究会HPより
私たち人間は生きていくための「命の源」である食物と空気を口と鼻から取り入れます。しかし、その代償として体の入り口である口腔、鼻腔、咽頭は常に細菌、ウイルス、粉塵、異物などに曝されることになります。こうした危険から私たちの体を守るために、口腔、鼻腔、咽頭は食物や空気の単なる通り道というだけではなく、実に巧妙な免疫機能と神経機能を備えています。それゆえ、口腔、鼻腔、咽頭に慢性の炎症が生じると、その局所では症状が乏しくとも同部位の免疫系や神経系を介して全身の免疫、神経機能に影響を及ぼし、結果的に口腔や咽頭とは一見、関係がなさそうな様々な体の不調や疾患を引き起こします。このような疾患を病巣疾患といいます。 例えば歯周病があると、以下の疾患のリスクが高まることが知られています。

  • 低体重児出生(胎児の発育不全)
  • 関節リウマチ
  • 虚血性心疾患
  • 脳梗塞
  • 骨粗鬆症
  • 糖尿病の悪化
  • 高齢者の誤嚥性肺炎

歯の矯正について

矯正って何?

回答口元の美しさやかみ合わせの悪さを人工的に解決する治療です。

口の中に矯正装置を入れ、歯に一定の力を持続的にかけて人工的に動かし、悪い歯並びや噛み合わせを治すことです。

口元の美しさを希望される方もいらっしゃいますし、歯並びが悪かったり、かみ合わせが悪いと私たちの体にいろいろな悪影響を及ぼします。

健康的な生活を送るためにもこれらを治す治療が必要なのです。

POICウォーターやオーラループ

診療前にPOICウォーターやオーラループを使っていますがどういいのですか。

回答POICウォーターで徹底洗口をすると、細菌が作った頑固なタンパク汚れを分解洗浄しながら除菌ができます。

当院では、お口の中をできるだけ綺麗な状態にして治療を行っています。POICウォーターで徹底洗口をすると、細菌が作ったバイオフィルム(ヌルヌルした頑固なタンパク汚れ)を分解洗浄しながら除菌を同時に行う事ができます。

また洗口後、歯磨きをするとさらにプラークが落ちとても衛生的です。

オーラループ4プラスで仕上げ磨きをしていただいていますが、その中のポリリン酸という成分が歯の質の強化や、歯ぐきの活性化などたくさんの働きがあります。

そのため、来院された全てのみなさんに必ずしていただいています。ご協力よろしくお願いします。

口臭について

口臭が悩みです。原因はなんなのでしょうか?

回答口・体内に中に原因がある場合と心因性などがあります。

生理的口臭はニンニクを食べた後やお酒を飲んで口が臭くなったり、空腹時の口臭などがあります。

病的原因は口に中に原因がある場合とそれ以外の食道、胃、肺などに原因がある場合があります。ほかには心因性の口臭というものがあります。他人には感じない口臭を自分では強い口臭があると思いこんでいる場合です。

費用について

きれいな歯を入れたいのですが費用が心配です。

回答三阪歯科医院では保険適応外のオプションもリーズナブルです。

三阪歯科医院ではセラミックなどの自費の被せ物など、とてもリーズナブルに値段を設定しています。お気軽にご相談下さい。

レーザー治療について

レーザー治療が出来ると聞きました。どんな治療ですか?

回答ほとんどのむし歯や歯周病の治療を無麻酔で行うことができる信頼性の高い治療です。

薬を使わない光と水の最新システムとしてレーザーを使用しています。

ほとんどのむし歯や歯周病の治療を無麻酔で行うことができ、術中、術後も苦痛を感じる事がほとんどありません。大きなむし歯でもできるだけ神経をとらずに歯質を強化しながら再発を限りなく予防します。

また、歯周病や外科処置を短時間で効果的に健康な歯肉に戻します。他にも様々な治療で使っていますが、詳しくはスタッフまでお尋ねください。

お子様の治療・ケア

キッズクラブって何?

回答3〜15歳を対象にし「むし歯の虫ってどんな虫?」こんなことを楽しく勉強しながら、むし歯を予防するクラブです。

年に4回の定期健診でむし歯や歯並びのチェック、普段お家でケアできていないところをしっかりクリーニングし、最後に歯を強くするフッ素ジェルを塗ります。小さな頃からの予防習慣が大人になってからのお口の健康に繋がり、キッズクラブでの定期健診をお勧めしています。お気軽にご相談下さい。

歯のホワイトニングについて

ホワイトニングって何?

回答加齢や遺伝により黄ばんでいる歯を専用のお薬と光で白くしていきます

歯のホワイトニングとは、加齢や遺伝により黄ばんでいる歯を専用のお薬と光で白くしていきます。当院ではポリリン酸3Dホワイトニングを導入しており、従来のホワイトニングよりも白さや透明感がアップしました。

また、歯の質を強化しコーティングをしていくのでしみることも、ほとんどなく、個人差はありますがもちも良いです。詳しくはスタッフまでお尋ねください。

歯が黄色くて気になっています。白くしたいのですが。

回答原因を知ることから始めましょう

まずは歯の変色の原因を考えてみましょう。

1つはコーヒー、タバコのヤニ、茶しぶなどの歯に付着した沈着物による変色の場合。

2つ目は、以前治療した差し歯などの変色歯。

3つ目は、歯の内面からくる生まれつきの変色。それぞれに治療法が違います。一度ご相談ください。

生活習慣・予防について

キシリトールガムはむし歯にならないの?

回答キシリトールガムはむし歯予防に有効です

キシリトールは天然素材の甘味料であり、むし歯の原因となる酸を作りません。また、だ液の分泌をうながし、むし歯予防に効果的です。

シュガーレスのガムはむし歯の原因にならないと思っていたのですが、そうではないと言われました。本当はどうなのでしょうか。

回答シュガーレス・ノンシュガー・シュガーフリー・無糖・糖分ゼロの商品は100gの食品、または100mlの飲料に対して含まれている糖類が0.5g未満と少量ですがお砂糖入っています。なのでシュガーレスだから虫歯にならないわけではありません

右のマークがついているものは日本トゥースフレンドリー協会の商品で安心です。

重曹で歯磨きをするとむし歯や歯周病を防げると聞きました。ネットで調べてみると歯がツルツルになる研磨剤の効果があり歯がツルツルになり白くなるという記述もありました。実際はどうなのでしょうか。

回答重曹が口腔ケアで使用される理由というのは、歯を再石灰化させる作用があるためです。 市販の歯磨き粉にもそうした作用を期待した成分が含まれており、虫歯予防には歯の再石灰化が最重要であることは間違いありません。

それから重曹には高い研磨作用が期待できるため、歯を白くする目的で使われることも多々あります。ただし、重曹のホワイトニング効果というのは諸刃の剣で、使い方を誤ると歯を傷つけたり、逆に着色の原因を作ったりしますのであまりお勧めできません。

ジェット水流で歯をきれいにする口腔洗浄機(ウォーター・ピック)というものが口臭や歯周病予防に効果があるという記事を読みました。大手家電メーカー製のウォーター・ピックの価格も数千円なので買ってみても良いかと検討中です。歯科医の方から見て、市販のウォーター・ピックは効果が期待出来るものでしょうか。

回答歯の間の食べかすを取るには効果がありますが、歯周病の原因であるバイオフィルムの除去効果少ないと思われます。同じ時間とお金を使うのなら専門的な指導を受けることをお勧めします、

Pocket