第12回寺子屋歯っぴー塾&第7回夏休みキッズ勉強会

2016年8月6日

7月30日(土)第12回寺子屋歯っぴー塾と第7回夏休みキッズ勉強会をジョイントし中間ハーモニーホールで行いました。35℃を超える猛暑日でしたが、たくさんの皆様に参加していただきました。
先ずはキッズ勉強会、14時から25名の参加で始めました。今までとは少し違った『実験』中心の勉強会でした。3つのブースに分かれてキッズのお友達に自分で実験してもらいます。
第1ブース唾液(つば)に関する実験です。3分間ガムを噛み出た唾液を採取し、その量と唾液の酸を中和する力と酸を作る菌の力を調べ、虫歯のリスクを計ります。3分間が長く感じるのか顔をしかめる子、顎が痛そうな子、唾液があまり出ない子など様々です。やはり日頃よく噛む習慣がないのかキッズ達は苦労をしていました。このブースではよく噛み、よく唾を出すことがむし歯のリスクを減らすことを勉強しました。

IMG_3848
第2ブースは酸とカルシウムの実験です。酢の中に卵を約2週間漬けた物を触ってもらいました。すっかり殻が溶けて柔らかくなりゴムボールの様になった卵を触り驚いていました。また約2週間コカ・コーラと酢につけた実際の歯がハサミで切れることにびっくりしていました。
第3ブースは砂糖についてのお勉強です。ペットボトルに同量の砂糖を入れたものを提示し日頃飲んでいるジュース類に驚くほど沢山の量の砂糖が入っていることを学びました。実際に自分たちでオレンジ味、レモン味、コーラ風味のジュースを作りました。同量の砂糖が入っている炭酸ジュースでも冷やしたものと常温のもの全く甘さが違う。ジュースの甘さの違いをなんども飲み比べていました。もう一つ人工の甘味料、香料、添加物も要注意です。今回の『実験』の参加型勉強会でキッズのお友達がみんな、目をキラキラさせて楽しく実験している姿を見ることができて嬉しかったです。こういう機会にしっかり情報をキャッチし口の中にとって問題なものは、身体にとっても問題であることを理解してくれることを願います。A美ちゃんは、ノート持参で参加してくれました。夏休みの自由研究に使ってくれるのでしょうか?これからも、キッズクラブではお友達のみんなが楽しみにしてくれる様な勉強会を開催していきます。次回も是非参加してくださいね。(堀 智美)

続いて今回の寺子屋のテーマは院長による『当院の最新のむし歯治療』当院スタッフ管理栄養士の和田さんによる『むし歯になりにくい食生活』です。キッズクラブに来られた保護者の方々も途中から参加されて賑やかな会となりました。先ず院長がむし歯についての現在の考え方やむし歯になりにくい生活環境についての説明がありました。
具体的な治療に関してはPOIC水、レーザー、ドックベストセメント等の材料、器材を利用し、できるだけ神経を残したまま、極力歯を削らない治療を症例を交えて説明がありました。悪くなってからの受診ではどんどん健康な歯を失っていくだけです。日々のブラッシングだけでは無く、歯を溶かす酸の生成を促す砂糖の摂取量を抑え、よく噛み唾液をでやすくする食生活を取り入れた生活習慣によって体質の改善をする事が一番の治療になるという事です。細菌の酸生成能力や唾液の量や中和能力、糖分摂取量など個々人のむし歯へのリスク検査が必要です。むし歯だらけの20代女性と健全な歯を保っている90代女性の写真を比較した時は皆さんかなり驚かれていました。
続いて和田さんのお話では日本の食生活の変化、むし歯と関連深い食べ物について飲料水に含まれる砂糖の量などを挙げて説明しました。

IMG_3871

バランスの良い食生活を送っていた戦後直後から食の欧米化が進み、砂糖や精白小麦を使った柔らかいお口の中で停滞しやすい食品を食べるようになった事で噛む回数が減り、むし歯になりやすい食生活に変わっていったという事には驚かれたのではないでしょうか?日本古来の食事が栄養のバランス、咀嚼の面でも優れていたということです。今一度自分の身体の事を知り、食生活を見直す良い機会にして頂きたいものです。今後も寺子屋を通じて皆さんに様々な情報を提供していきたいと思います。(神谷真実)
≪参加者の声≫
* むし歯は生活習慣病そのものですね。歯の治療に任せるのではなく、日々の食習慣を見直ししっかり咀嚼し唾液をたくさん出し日々のセルフケアに努めたいと思いました。歯は健康の源ですね。
* 炭酸飲料水の砂糖の多さには驚きました。冷たさや炭酸で甘さが隠されているのですね。香料など添加物も気になります。
* 最近のむし歯治療はどんどん進化していますね。若いころに今日のような話を聞いていればと思いました。
* 初めて参加しました。自分たちの生活習慣を再吟味することができ本当に参考になりました。唾液は最高の薬ですね!
* グルメ番組の多い昨今、「甘い、旨い、ジューシー、柔らかい」などというコメントばかりで本当に良いものを食べているのかどうか?生活習慣病の改善にダイエット情報も多いけれどよく噛みゆっくり食べる食事で唾液を出し健やかでいた   いたい。良い歯でよく噛み良い体。
* 唾液テスト参考になりました。子供たちも大変勉強になったと思います。和食中心でしっかり噛む食事にしたい。
* 実験を通してわかりやすく学べたと思います。むし歯は防げる病気で治療より予防の大切さがよくわかりました。加工食品の中の、いろいろな添加物など何気なくとっているものもあります。そんな話も聞きたいです。

次回の寺子屋歯っぴー塾は10月1日(土)15:00~を予定しております。
みなさまのまたのご参加をスタッフ一同心よりお待ち致しております。

Pocket