福岡県中間市太賀1-2-3 太賀ショッピングモール2F

093-244-0315

平日/[午前]9時〜13時  [午後]14時〜18時

歯科保健大会に参加しました☆

2010年10月31日

本日、北九州学術研究都市会議場で行われた歯科保健大会に、
ブラッシング指導で参加してきました。
1年に1度、高齢者や小中学生のよい歯の表彰式や、
基調講演、公開フォーラムなどが行われています。
4年前のこの大会は、院長が所属している遠賀歯科医師会が担当をし、
院長は大活躍だったみたいですよ!!

今大会では、西日本新聞社編集委員の佐藤弘さんが
「口は命の入り口 心の出口」という題で講演が行われました。
佐藤さんは、西日本新聞の「食卓の向こう側」を連載し、
本にもなっています。
西日本新聞「食卓の向こう側」

お母さんになることって、こんなに素敵なことなんだよ。
何のために生まれてきたの?って思っていたけれど、
この子に会うためなんだと、
出産後のお母さんの言葉が挙げられていた一方、
望まれず生まれた赤ちゃん、
臨月間際で、おなかの中で亡くなった赤ちゃんを産まなくてはならない
お母さんの姿、様子がことばでなのですが、
スライドで流れ・・・、
涙が出そうになりました。
公開フォーラムでは、
現在、よろこんで食事ができない子、
うまく噛んで、ごっくんと呑み込めない子が増えているという報告が
ありました。
これは、離乳期に問題があり、
食べることは、学習をして身についていくことなのですが、
それが、徐々に段階を踏まずに離乳したことによる学習不足で、
このような問題が生じてしまっているとのことでした。
これは、核家族化が進み、
お母さん自身が食事を作れない、自分が食べていないから
子どもに食べされられるわけがない。
社会の変化も大きな要因の一つになっているということでした。
親の無知識が子供に与える影響はとてつもなく大きく、
これは虐待と言っても過言ではないとの、佐藤さんのご意見でした。
私はこういう親にはならない、と思っていても、
自分一人では何にもできません。
しかし、いざ子供を育てるとなると、どうしてよいのか右も左もわからない場合、
私には、相談できる人が周りにはたくさんいるので、
不安はありませんが、
そういう相談ができないお母さんは、不安でたまらなく、
虐待や放棄してしまうのでしょうか・・・。。。(T_T)
食や、お口を通し、
大変身近に起こっている、現代のさまざまな問題点を改めて知りました。
どうなっていくのかな・・・、
今の子供たち、これから生まれてくる子供たちが
幸せで過ごせる世の中に、、、、。
子どもたちが平等に幸せを受け取ることができる世になればと。
そう思うと、自分がとても恵まれていることに気が付きました。

前の記事
前の記事