福岡県中間市太賀1-2-3 太賀ショッピングモール2F

093-244-0315

平日/[午前]9時〜13時  [午後]14時〜18時

レーザー照射によるむし歯と歯周病治療

三阪歯科医院には歯科医が口腔感染症を管理していくというメッセージがあります。

神経(※1)・象牙質を「極力残す」「損傷させない」という目的の為に三阪歯科医院が選択したのがレーザー治療です。

※1 神経は生きた組織です。

レーザー照射によるむし歯治療について

事実

程度の大小を問わず
むし歯の治療で削った歯は二度と元には戻らない。

削る治療の問題:むし歯の箇所よりも大きく削る必要がある。

技術革新により健康な部分を残す治療が実現

レーザー治療では

レーザー照射による治療ではむし歯治療のみ取り除くことが出来る。

メリット

軽いむし歯
(〜C1)
削らずに元の歯に修復が可能
更にポリリン酸による「再石灰化」で再生療法を行い、再びむし歯にならない様に導きます。
進行したむし歯
(C2〜)
従来のドリルで歯を削る治療では麻酔が必要な中程度以上の治療でも殆どの場合において麻酔を必要としません。(痛みが少ない)
「必要以上に大きく」削る必要がないため、神経を抜く治療が不要になるケースが圧倒的に増えています。

最も大事なポイント

神経を取らない為、

  • 「治療時間を大幅に短縮できる」
  • 「治療の規模が小さくなる」
  • 「より多くの歯質が残る結果が多い」

事で、患者さんが治療にかけるコストやストレスを少なく出来ます。

□ご希望の方はお気軽にスタッフにご相談ください。

レーザー照射による歯周病治療について

事実

痛みや自覚症状を伴わずに、長期間進行した歯周病は治療にも2〜3ヶ月ほどの長い期間と沢山の治療回数が必要でした。

従来治療の問題:初回検査から治療回数迄の期間が長く、患者さんのストレス・負担が大きい。

レーザー照射は健康な本来の歯ぐきへ再生する効果があり

レーザーによる歯周病治療とは

レーザーを歯と歯ぐきの間に照射し、歯ぐきの中の水分を蒸発させ歯ぐきを引き締めます。また、歯ぐきの血行を促進する効果もあります。

プラスPOICウォーター(別ページ)によるホームケアで歯周病になりにくい口腔内にしていきます。

メリット

従来治療に比べ、治療期間圧倒的に期間が短く済みます。

なによりも、口腔の状態を一番近くで診る医師から見ても、より良い治療方法だと自信をもってお勧めできます。

□ご希望の方はお気軽にスタッフにご相談ください。